ホーム > 先輩社員の声

先輩社員の声/ VOICE

小瀬 祐貴(2016年4月入社)

入社当初の私は、相談や質問することに恥ずかしさのような戸惑いを感じてしまい、なかなか口に出せないことが多々ありました。
そのため、次にどの作業をしていいか分からなくなったり、手戻り作業が発生したりで、先輩・上司方に迷惑をかけてしまうことがありました。
なぜ相談すること、質問することに戸惑いを感じるのか?
それは、相手に手間を取らせてしまう事への不安や、相談することで怒られるのではないかという恐怖によるものものではないかと考えます。
その考えは間違えであることに気づき、今では積極的に行うようになりました。
相談すること、質問することは悪くないこと、そういう気持ちが自身への成長に繋がっていると実感しています。
現在ではWEBシステムの製作に携わっています。

斉藤 聖(2016年4月入社)

現在私はお客様就業場所に常駐し、データ入力、データ仕様書作成、ソース修正などを行っています。
業務の遂行はもちろん大事ですが、他にも大事にしていることがあります。
1.自分と関わる全ての人に報告・連絡・相談を確実に行うこと
2.今しかできないことを経験し、吸収すること
3."齋藤聖(来希)"を少しでも多くの人に知ってもらうこと
当たり前のことを当たり前にやることで、評価もされ、成長に繋がります。
モノづくりの現場でルールに則り業務を遂行していくことで、得られたことは数多くあります。
来希は、相談すれば必ず答えをくれる会社です。大事なのは自分から発信すること!自分だけで抱え込むことは絶対にしない!来希に入社を考えてる皆さん、門は開けています。一緒にSEとして成長しましょう!一緒にSEとして活躍しましょう!

大和田 真(2017年4月入社)

プログラミング未経験者として入社し、新人研修で初めてJavaに触れました。
はじめは、プログラムを作るということに対して、漠然と難しそうなイメージを抱いていましたが、学んでいくうちにプログラミングが持つ「ものづくり」の楽しさに気付きました。
自分で作ったプログラムがきちんと動いたときの達成感は、この業界ならではの魅力です。
行き詰ることはありますが、そんなときは周りの先輩社員の方々が快くサポートしてくれます。
弊社はプログラミング初心者にとっても働きやすい職場です。

国広 大(2017年4月入社)

私は、IT系の学校出身で、C言語、C#など基本的な言語を学んできました。
ですが、学んできたことが現場で通用するのか、初めて覚える言語にも対応できるかなど、不安を感じていました。
入社後の研修では、業務に関する知識や言語、社会人基礎力について学び、また、上司や先輩方の日々の指導もあり、プログラミングだけでなく、心構えについても自信を付けることで感じていた不安を解消することができました。
今後の目標として、マルチな対応の出来るプログラマを目指し精進しています。
覚えることも多いですが、面倒見のいい先輩方の指導もあり、楽しく業務の出来る環境です。
ソフトウェアに興味のある方は是非一度、見学にお越しください。

© RAIKI CORPORATION All Rights Reserved.